HANAIギャラリー

観た映画、聴いた音楽、読んだ本を紹介するページ。
最近はのんびり更新ぎみ。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ZOO 映画 | サクラ色 >>

ジョゼと虎と魚たち

評価:
妻夫木聡,田辺聖子,犬童一心,池脇千鶴,上野樹里,新井浩文,新屋英子,渡辺あや
大学生の恒夫は、乳母車に乗って祖母と散歩するのが日課の自称・ジョゼこと、くみ子と知り合う。くみ子は足が悪いというハンディキャップを背負っていたが、自分の世界を持つユーモラスで知的な女の子だった。そんな彼女に恒夫はどんどん引かれていき、くみ子も心を許すが、ふたりの関係は永遠ではなかった。



パッケージのようにイメージカラーは白。
透き通っていて、まっすぐで。でもリアルで残酷な現実もあって。
そんな純粋な恋物語です。

物語と映像は素晴らしかった。くるりの音楽もよかった。
でも池脇千鶴はあそこまで脱がなくてもよかった気がします。なので4つ。


*詳しい感想は続きへ。ネタバレもあるので注意してください。*
池脇千鶴の体当たりな演技はよかったです。まっすぐなジョゼでした。
でもね、胸まで見せなくてもよかったんじゃないかな。背中のアングルだけでも充分雰囲気が出せると思った。正直な話・・・・脱ぐだけの身体じゃないと思ったのも正直な感想。
そこにもリアルさを追求したのかもしれませんね。たしかに身体障害者で綺麗な身体ってのも変な話だもんね。。。
映画、舞台 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACK

Trackback url: